ホーム > 着物お役立ち > 着物のお手入れ

着物お手入れ(しみ抜き、クリーニング、パールトーン加工)

着物のお手入れ

着物を着終わったら

 外出から帰って着物を脱いだら、シミや汚れがないかよく点検します。汚れがなければ、着物用ハンガーに掛けて一晩陰干しをします。柔らかい布などで袖口、裾、肩のあたりを優しくたたいてホコリを落としてから畳紙(たとうし)に畳んで収納します。
 帯、長襦袢、小物なども同様に軽くホコリを取ってシワを伸ばし、陰干ししてください。
 長襦袢の半衿が汚れてきたら取り外して洗う、交換する、外さずに丸洗いに出す、などお手入れしましょう。
  
※たとう紙は4〜5年で新しいものに替えてください。
※何日もハンガーに掛けっぱなしにしていると、生地がたるむことがあるので注意してください。

シミや汚れがあったとき

 シミがついた時は乾いたティッシュやハンカチを軽く当てて吸い取ってください。生地が縮みにくい紬などは応急処置として、下にきれいなタオルを敷き水に濡らせたタオルを硬く絞って上から叩き、汚れを下のタオルに吸いとらせる方法があります。叩くごとにタオルをずらすことがポイント。その後乾いたタオルで水気を吸い取り、陰干しをして自然に乾かせます。訪問着、色無地など縮みやすい生地は水を使うと輪ジミになるので,お勧めできません。
 ※ファンデーションなど油性の汚れは揮発性の溶剤、汗や血など水性の汚れは水を使わないと落ちません。応急のシミ抜きは最小限に抑えて、できるだけ専門家に任せましょう。 

 ●参考:ベンジンでのシミ抜き方法(充分注意が必要です)

シワがあったとき

 着物をたたむとき、シワ伸ばしにアイロンをかける場合は、必ず当て布をして適切な温度でかけて下さい。スチームアイロンは絶対に使わないで下さい。 

 どうしてもしつこいシワをとりたい時は、当て布をいったん着物から放し、その布に軽く霧を吹きかけ、これをのせてアイロンをかけて下さい。このとき湿り気を残さないよう注意して下さい。(この方法は生地が縮む可能性もあるので通常は当て布だけにして下さい)

丸洗いに出すタイミング

着物と長襦袢は1シーズンに数回着ていれば丸洗いをお勧めします。帯や小物は特に丸洗いする必要ありませんが、いずれも汗やシミが気になる場合は早めに丸洗い(又はシミ抜き)に出してください。



パールトーン加工(PT) パールトーン加工価格表

 パールトーン加工(着物撥水加工)は水や泥はねをはじき、着物を汚れにくくします。またカビ防止にも効果があります。

◎パールトーンのアフターサービス

パールトーン加工をしておくと、アフターサービスで衿や袖口などの基本的な汚れについては無料で落としてくれるので、経済的です。
※加工後20年間、パールトーンのリボンが付いた着物が対象。
※汚れの種類によって有料の場合有り。
※他店でPT加工されたお着物は手数料1,000円を申し受けます。
Pearltone.png
 パールトーン公式ホームページ




いと善では着物のお手入れを承ります

シミ抜き,丸洗い,染め替え,パールトーン加工,仕立て直し、袖丈直し、裄直し等,各種悉皆承ります。いと善までご持参下さい。
丸洗い・洗い張り・パールトーン加工 価格表