究極の潔さ! 「本藍染めの振袖」これには感動しました!

 本藍染め(阿波藍)総絞りの振袖。極めてレアな振袖です。これは抜群に引き立ちますよ。正直コーディネイトに困ってしまいますが、帯、帯締、帯揚には変に色を足さずに、白、藍色をベースにしたものがいいです。
 尾形光琳「東山の衣装比べ」の逸話を連想しました。中村内蔵助の妻が光琳に衣裳比べのアドバイスを求め、衣装を演出した話。「・・・黒羽二重の両面に、下には雲の如くなる白無垢を、幾重も重ね着し・・・」
要するに、衣裳比べの参加者が絢爛豪華な意匠を競う中、モノトーンを基調とした衣裳で登場し、他を圧倒したと言う逸話。
◎いと善「振袖の美展」3月14日(金)〜16日(日) でご覧頂けます。
143aifurisode
143fukuroobiaizome

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です