連続テレビ小説『花子とアン』村岡花子(吉高由里子)のきもの

 『花子とアン』村岡花子役の吉高由里子さんが着ている着物、今は縞(しま)が多いですよね。最初は木綿かな?と思いましたが、張りがあるので、縞紬(しまつむぎ)のように見えます。どちらにしても他の女学生と比べて庶民的に見えます。
 もう1つ、真っ赤な半衿が印象的です。もちろん演出もあると思いますが、着物が質素な分、若々しくて元気な印象。半衿と言えば今は白が一般的ですが、着物が日常着だった頃は汚れが目立たない色を使っていたはず。白は特別な礼装の時だと思います。
時代考証と演出と、NHKさん色々楽しませてくれますね。

 『花子とアン』縞の着物画像公式ホームページ→

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です