徳川家康没後400年記念 大 関ヶ原展(京都文化博物館)臨場感たっぷり!

京都文化博物館で開催中の「大関ヶ原展」歴史ファンにはたまりません!
関ヶ原合戦で実際に使われた馬印、旗、太鼓、甲冑などが展示してあり、想像を掻き立てます。また、徳川家康が越後の上杉征伐に向った直後に、石田三成方の武将が連盟で真田昌幸に味方を要請する書状など、まさに風雲急を告げるあの時の書状が展示してあるんですよ!!!
7月26日(日)まで開催中。
1_2
2_2
金扇の大馬印(徳川家康)。 2mは優に超えてましたw(゚o゚)w!
戦場では威圧感あったでしょうね!
Photo_3

藤堂高虎の黒漆塗唐冠形兜(くろうるしぬりとうかんなりかぶと )

こんなに広がってて怖くもあり、美しくもあり!実用性あるのかな?

Photo_4

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です