擦り切れた着物地を半衿に転用 

半衿は消耗品。元々着物を汚れから守るために付けるようになったパーツです。頻繁に着物を着る私の場合、その都度新しい半衿を下すのは大変なので、擦り切れた着物地(お召し)を長襦袢(男物)の半衿に転用してみました。

画像①生地の綺麗な部分が90㎝×15㎝あれば余裕で半衿になります。(女性の場合は100〜110㎝×16㎝くらい)
生地の綺麗な部分が90㎝×15㎝あれば余裕で半衿になります。
Img_4709
カットしてプレス
Img_4710
地衿(白い木綿部分)で生地を合わせ、まち針をして縫います。
男性の場合は衿を抜かないので内側もくけ縫いしなくて大丈夫。
Img_4731
出来上がり
こうするとたくさん半衿が取れそうです!
Img_47272

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です