「花子とアン」葉山蓮子(仲間由紀恵)の着物 訪問服と小紋

NHK「花子とアン」葉山蓮子(仲間由紀恵)、今日の放送から登場しましたね。
桜吹雪と共に登場のシーンはフォーマル感のある訪問服(訪問着)。裾、型、袖に絵画の様に模様が描かれています。これは明治時代に洋服の「ビジティング・ドレス」に当たる着物として考案された着物。
 校内での着物は小紋で、ドレスダウンしています。京型友禅だと思いますが、他の女学生の小紋とは違って、ぼかし表現に奥行きが感じられる染め。豪華な刺繍半衿をたっぷり見せているところに時代を感じます。NHKさんの説明にあるように、アンティークだそうです。
伯爵家のご令嬢と他の女学生、はな(吉高由里子)の着物を見比べてみるのがかなり楽しいです(^-^)。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です