着物で「京都南座・吉例顔見世興行」へ! 2015年 市川海老蔵と片岡愛之助の勧進帳、盛り上がりました!

京都南座・吉例顔見世興行見てきました! 初めての特別席(桟敷席)です(^_^)v。着物姿のお客さんも年々増えていて、男性の着物姿もちらほら。いいですね〜(o^-^o)。

今年の顔見世はお馴染みの人気役者が揃っているので、注目度も抜群。口上では「四代目中村鴈治郎襲名披露」ということで、17人の名役者が一人一人自分の言葉で挨拶。それぞれの個性が感じ取れておもしろかった。
印象的だった演目は「勧進帳」。市川海老蔵さんって人気先行のイメージを持ってましたが、どっしりとした重低音を響かせた弁慶は見事でした。ユーモアのある表現力も豊か!

そして更に感動したのは、安宅の関(あたかのせき)の関守・富樫(とがし)を演じた片岡愛之助さん。スカーっと良く通る発生!微動だにしない居住まいの美しさ!気品ある富樫は本当に見事でした。
1512
着物で歌舞伎
15122
桟敷席から見た舞台
15123

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です