あさが着た・新次郎さん(玉木宏)の着物 着こなしに注目!現在男性の着物コーディネイトの参考にも。

NHK「 あさが着た」の新次郎さん、着物の着こなしが決まってます。玉木宏さんの着物姿は抜群にカッコいいですね!新次郎さんのお洒落のポイントは着物と羽織を違う生地で上手にコーディネイトしているところ。例えば他の旦那衆は「お対(おつい・着物と羽織が同じ生地)」が多いのので、新次郎さんの技あり!な着こなしが強調されます。

1月9日・今日のコーディネイトはオフホワイト地に縞の着物(生地に凹凸があったので塩沢御召しかも?)+紺色の市松模様の羽織(お召し?又は小紋の染め柄?)+茶色の角帯(博多織り・献上柄)。着物と羽織のコントラストでスマートさが強調され、帯の茶色がアクセントになっています。半衿は黒。黒の半衿は汚れが目立たなくていいんです。
今回のドラマ衣裳は時代考証よりも人物像を浮き上がらせることに重きをおいている様です。新次郎さんの着こなしは、現代男性の着物コーディネイトの参考になりますよ(o^-^o)
Photo

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です