京都にて沖縄染織産地の現状についての公演と、芭蕉布の平良美恵子さんの公演を聴いてきました

 京都・みやこめっせで行われた着物文化塾に参加してきました。「沖縄染織作品の解説と産地の現状」という講演と喜如嘉の芭蕉布の平良美恵子さんによる講演を拝聴。産地の現状など生の声を伺うと、伝統工芸織物の有り難さを改めて感じます。貴重な内容だったのでしっかりメモしてきました。伝統工芸染織品の魅力をちゃんと理解して広く伝える力が呉服屋に求められてると思います。

伝統工芸展では芭蕉布、久米島紬、南風原花織、宮古上布、八重山ミンサー、読谷山ミンサーなどなど、これだけまとまった出品は珍しいのでしっかり見てきました。どうやら産地挙げての販売会だったので、お値段もしっかりチェック(^.^)v。
資料もしっかり頂き 、喜如嘉の芭蕉布のDVDと南風原花織の本は迷わず購入!見るのが楽しみです。
1621
1622
1623

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です