マエストロ・小林研一郎氏の言葉 東広島芸術文化ホール「くらら」こけら落としコンサート② 

東広島芸術文化ホール「くらら」こけら落としコンサートでは指揮者の小林研一郎氏がマイクを持って挨拶をされました。

「世界中のホールを見ていますが、このホールはイタリアのホールに近い。非常に音響が良いです。客席で聴く音も、客席からステージに響く拍手の音も」
「ホールは良い演奏で育ちます。そして地元の皆さんが育てるもの」「ぜひこのホールで定期演奏会を開催してください!(会場は笑顔と大きな拍手) 」といった内容のお話でした。地元の私たちとしては記念すべきありがたいお言葉です!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です