江戸の粋を感じる角帯(算木崩しに提げ物模様) 菱屋六右エ門

 今日は菱屋六右エ門(京都西陣お召し)の角帯を締めています。お召し機で織った帯で博多織よりは柔らかな風合いです。この帯はとにかくズレないw(゚o゚)w 貝の口の結び目も、胴巻き位置も一度締めるとピシッと決まります!

難を言うと、結び慣れるまで少し時間がかかりそう。ズレなさ過ぎて修正が利きにくいので最初は難しく感じます。一度決まれば安定感抜群(o^-^o)V 
 菱屋六右エ門の角帯は江戸の粋を感じるデザインが特徴。いと善大感謝市に同時出品します。
16112
1
算木崩しに提げ物尽くしの模様  江戸の粋を感じるデザインです

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です