いと善の着物コーディネイト例 〜木綿縞着と手織り無地名古屋帯〜 

◎着物:木綿紅梅地の縞織(綿75%・麻25%) 、越後紺仁
◎名古屋帯:白緑色(びゃくろくいろ)、西陣杉村の手織り
帯は紬や木綿に向くざっくりとした素材感の無地。
帯締めは春らしい桜色、縹色(青系)の縁取りで帯と馴染ませています。
帯揚げは着物にも帯にもないツートーン、色相をズラしてほんのりアクセントに。

Img_3501 Img_3492 Img_3500

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です