いと善女将 今日の着物 「北斎模様の小紋」

江戸時代後期、あの葛飾北斎がデザインした着物の図案が「新形小紋帳(しんがたこもんちょう)」として出版されたそうですが、その機知に富んだデザインは時代を超越しています。
今日の着物はその中の1つ「桜割り」。桜にも、麻の葉にも見える不思議な幾何学模様です。比較的お値頃な小紋ですが、生地がしっかりしてて着やすいそうです。

Follow me!

次の記事

雛飾り 京雛の場合