西田創春 (日本刺繍作家) 実演と解説

「いと善日本刺繍教室作品展」 10/29(土)・30(日)

「古都京都の日本刺繍、飛鳥時代から続いてる工芸の一つです。絹糸の多彩な色どりと艶を楽しみ暮らしに彩りを添えてください」 
 
西田先生は日本刺繍はもちろん、着物の図案、下絵、素描き、金彩加工、かけつぎ、シミ隠し加工など様々なプロの技術をお持ちです。
とても気さくで、知識の引き出しが多い方なので、お話しが弾むと思います。京都のお話も楽しいですよ🤗

「お手持ちの着物にオシャレな刺繍を入れたい」とか「汚れを隠したい」などのご相談もお受けできます。
https://itozen.com/22-10shisyuuten/

[西田創春 プロフィール] 
京都で円山四条派 橋本関雪、今尾景年の流派で日本画を学び、40年以上呉服製作に携わる。着物の図案、下絵、金彩加工、日本刺繍 ほか幅広い技術を使いこなせる稀有な工芸作家。
ノーベル賞受賞者の着物を手掛けるなど、一流の友禅染業者からの信頼も厚い。京都市後援の着物五人展をフィレンツェにて開催。京都府長賞など受賞。

Follow me!

次の記事

着物で来場特典 抽選券